ABOUT

東京の「いま」をアートで感じる

2021年11月4日から7日の4日間、東京という都市の文脈に息づく現代アートを世界に向けて発信するためのプロジェクト「アートウィーク東京」を開催いたします。

国際的に活躍するギャラリーから新世代のアーティスト・ラン・スペースまで、国立美術館からプライベートミュージアムまで。現代アートを牽引してきた都内50のギャラリーと美術館が「現代アート」を軸に集い協働する、かつてない規模のアートイベントが幕を開けます。

4つのルートで会場をつなぎ、アートを乗せて走る「アートバス」に乗って、50のアートスポットへ手軽にアクセス。東京のアートとカルチャーを体感しながら、現代アートの見方や最新のアート・トピックをオンライントークでチェック!

アートのビギナーからプロフェッショナルまで、すべての皆さまが東京のアートとカルチャーを思い思いに満喫できるよう用意されたクリエイティブなアートウィークを、お楽しみください。

アートウィーク東京は、Art Basel(アートバーゼル)と一般社団法⼈日本現代美術商協会(CADAN)の協力のもと、一般社団法人コンテンポラリーアートプラットフォーム(JCAP)の主催により開催します。

開催概要

会期:2021年11月4日(木)― 11月7日(日)
時間:10:00−18:00
会場:美術館6館、ギャラリー44軒、AWTインフォメーションセンター(東京都港区南青山5-4-30)
主催:一般社団法人 コンテンポラリーアートプラットフォーム(JCAP)
協力:Art Basel(アートバーゼル)、一般社団法人 日本現代美術商協会 (CADAN)

※東京オペラシティアートギャラリー、ワタリウム美術館は11時開館。