ART WEEK TOKYO
November 7–10, 2024
TOKYO’S CITYWIDE
INITIATIVE FOR
CONTEMPORARY ART

アートウィーク東京
今年も東京を、現代アートで再発見。
In collaboration with
Art Basel

AWTについて

アートウィーク東京(AWT)は、東京における現代アートの創造性と多様性を国内外に発信する年に一度のイベントです。東京を代表する52の美術館・ギャラリーがそれぞれ多様なコレクションや展示と共に参加者を迎え、各施設を無料のシャトルバス「AWT BUS」がつなぎます。また会期中は「買える展覧会」として始まった「AWT FOCUS」や映像作品プログラム「AWT VIDEO」をはじめとするAWT独自の企画も開催。様々な体験を通じて東京のアートの「いま」を感じられます。

AWT
FOCUS

全展示作品を「買える」展覧会

2023年に始まった「AWT FOCUS」は、美術館での作品鑑賞とギャラリーでの作品購⼊というふたつの体験を掛け合わせた「買える展覧会」です。展示は毎年異なるテーマのもとでキュレーションされ、出展作品はすべて購入できます。会場は現存する日本最古の私立美術館である大倉集古館(虎ノ門)です。

第2回となる2024年の監修を務めるのは、森美術館館長であり国立アートリサーチセンター長も兼任する片岡真実。数々の大規模な国際展の芸術監督を務めてきた片岡が、「大地と風と火と:アジアから想像する未来」と題して日本とアジア太平洋地域のアートに見られる宇宙観から未来を考えます。

片岡真実のポートレート

AWT
VIDEO

選りすぐりの映像作品を鑑賞

「AWT VIDEO」は、海外を拠点に活躍するキュレーターがAWT参加ギャラリーのアーティストの映像作品を厳選して上映するビデオプログラムです。出入り自由なパブリックスペースに設置される特設会場で、誰でも無料で作品を鑑賞できます。

2024年はニューヨークのスカルプチャーセンターのディレクターを務めるソフラブ・モヘビが監修。キュレーター、美術評論家、そしてアーティストの顔を持ち、カーネギー・インターナショナル(2022年)ではディレクターを務めたモヘビが、選りすぐりの作品をお届けします。

ソフラブ・モヘビのポートレート

AWT
BAR

五感で楽しむ建築 × 食 × アート

「AWT BAR」は、国内外のアートファンが集う憩いの場。南⻘⼭の複合ビル「emergence aoyama complex」を会場に、今年はランドスケープデザインを専門とする戸村英子が設計を担当します。フードを手がけるのは「ゴ・エ・ミヨ 2023」でベストパティシエ賞を受賞した⻘⼭「EMMÉ」の延命寺美也。AWT参加施設で展覧会を開催するアーティストとのコラボレーションカクテルも味わえるのも、AWT BARならではの体験です。

建築家 戸村英子のポートレート
シェフ 延命寺美也のポートレート
建築家 戸村のポートレート
フード 延命時のポートレート

AWT
TALKS

初心者もコレクターも、もっと深いアートの世界へ

会期前から会期中にかけては、初心者からコレクターなどのアート通まで、幅広い層に向けたシンポジウムやオンライントークを開催。国内外のキュレーターや思想家を招いた議論を通じて、業界の最前線のトピックや課題、歴史を深く伝えます。これからコレクターを⽬指す人に向けたガイドツアーやセミナー、子どもや若年層が対象のアートエデュケーションプログラムもお見逃しなく。

もっと楽しむ

アートをもっと気軽に、もっと深く楽しむための様々なプログラムも随時追加予定です。

AWT BUSの写真

AWT BUS

美術館やギャラリー、AWTプログラムへの移動は、無料のシャトルバスで。

ワークショップの写真

ワークショップ

子どもから大人、未来のコレクターまで、幅広い層に向けたテーマ別ワークショップを開催。

託児サービスの写真

託児サービス

AWT FOCUSの会場となる大倉集古館では、会期中に託児サービス(有料)を実施します。

フード&ドリンクの写真

フード&ドリンク

AWT BARで、限定フードやアーティストとのコラボレーションドリンクに舌鼓。

建築の写真

建築

会期中に青山に特設されるAWT BARは、デザインにも注目。

シンポジウムの写真

シンポジウム

アートにできることとは?なぜ重要なの?シンポジウムでは、その根本を議論します。

展覧会鑑賞ツアーの写真

展覧会鑑賞ツアー

AWT FOCUSでは、出展作品への理解や鑑賞体験を深めるガイドツアーも開催。

インフォメーションの写真

インフォメーション

ご不明点は、AWT BUSのバス停やインフォメーションセンターのスタッフまで。

作品購入ガイドの写真

作品購入ガイド

各ギャラリーが作品の購入方法や管理方法の面でみなさまをサポートします。

ミートアップの写真

ミートアップ

これからコレクターを目指す方に向け、レクチャーやコレクター同士のつながりを提供。

オリジナルグッズの写真

オリジナルグッズ

AWTのオリジナルトートバッグをオンラインと一部会場で販売。