ABOUT

東京の「いま」をアートで感じる

2021年11月4日から7日の4日間、東京という都市の文脈に息づく現代アートを世界に向けて発信するためのプロジェクト「アートウィーク東京」を開催いたします。

国際的に活躍するギャラリーから新世代のアーティスト・ラン・スペースまで、国立美術館からプライベートミュージアムまで。現代アートを牽引してきた都内50のギャラリーと美術館が「現代アート」を軸に集い協働する、かつてない規模のアートイベントが幕を開けます。

4つのルートで会場をつなぎ、アートを乗せて走る「アートバス」に乗って、50のアートスポットへ手軽にアクセス。東京のアートとカルチャーを体感しながら、現代アートの見方や最新のアート・トピックをオンライントークでチェック!

アートのビギナーからプロフェッショナルまで、すべての皆さまが東京のアートとカルチャーを思い思いに満喫できるよう用意されたクリエイティブなアートウィークを、お楽しみください。

アートウィーク東京は、Art Basel(アートバーゼル)と一般社団法⼈日本現代美術商協会(CADAN)の協力のもと、一般社団法人コンテンポラリーアートプラットフォーム(JCAP)の主催により開催します。

開催概要

会期:2021年11月4日(木)― 11月7日(日)
時間:10:00−18:00
会場:美術館6館、ギャラリー44軒、AWTインフォメーションセンター(東京都港区南青山5-4-30)
主催:一般社団法人 コンテンポラリーアートプラットフォーム(JCAP)
協力:Art Basel(アートバーゼル)、一般社団法人 日本現代美術商協会 (CADAN)

※東京オペラシティアートギャラリー、ワタリウム美術館は11時開館。

VENUES

美術館
  • アーティゾン美術館
  • 東京都写真美術館 
  • 東京オペラシティアートギャラリー
  • 森美術館
  • 東京国立近代美術館
  • ワタリウム美術館
  • アーティゾン美術館
  • 東京オペラシティアートギャラリー
  • 東京国立近代美術館
  • 東京都写真美術館 
  • 森美術館
  • ワタリウム美術館

MAP

BUS

アートスポットを繋ぐ「アートバス」
会場となるすべての美術館とギャラリーを繋ぐ「アートバス」が、4つのルートで午前10時から午後6時まで15分おきに巡回します。バス停はそれぞれのアートスポットに置かれています。どこからでもご乗車ください。また、バスを舞台にアート作品が展示されています。それぞれのルートで、異なる4つのアートが体験できます。

特別企画《都市を巡る声》
企画は、ポンピドゥー・センターをはじめとする美術館で活躍してきたキュレーターユン・マ。参加アーティストは、現在の即興演奏や電子テクノロジーを用いた表現に大きな影響を与えたグループ・音楽や、フルクサスのメンバーとしても知られ、ことばと音を用いたパフォーマンス、作曲などを手がける塩見允枝子。都市や社会に介入する演劇のあり方を模索する高山明。変化してゆく「事象」にフォーカスしたインスタレーションを手がける毛利悠子。4組のアーティストが創造する「声」と共に東京を巡ります。

※シャトルバスの新型コロナウイルス感染症予防対策は東京都交通局の規定に準拠します。

TALKS

TICKETS

周遊バス、美術館割引、1日有効
周遊バス、美術館割引、1日有効、2名分
周遊バス、美術館割引、4日有効
周遊バス、美術館割引、1日有効、数量限定オリジナルトートバック付

パス詳細

  • 有効期間内は、どのルート、バスでも乗り降り自由です。
  • パスの提示により、全ての美術館で割引を受けられます。
  • AWT エクストラパス特典のトートバッグは、アートバスまたは各美術館のアートウィーク東京受付、アートウィーク東京インフォメーションセンターにてお受け取りいただけます。
  • 中学生以下は無料です。パス購入ページで無料パスをお申し込みください。パスをお持ちでない場合、サービスのご利用はできません。

MAILING LIST

ART WEEK TOKYOの最新情報をお届けする
メーリングリストにご登録ください。